トップページ > 一般歯科 > 歯周病
歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。
昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という
呼び方になっています。
若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから
歯を失う最大の原因はこの歯周病です。
  日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。
歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになって
しまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。
 
Case I
 
Case II



  プラークコントロール (ブラッシング)
プラーク(歯垢)はただの食べカスではなく、細菌の塊です!
この細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、プラークコントロールをしっかりと行って
細菌の数を減らせば、歯周病を予防・改善させることができるという訳です。
 
  スケーリング・ルートプラーニング (歯石とり)
歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取ることを「スケーリング(歯石取り)」と言います。
この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。
また、歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため、スケーリングだけでは奥深くの歯石を取ることができません。
そのため、スケーリングだけでは歯周病が改善しない場合には、奥深くの歯石や感染した歯質をきれいに取る必要
があります。
ルートプレーニングとは、この奥深くの歯石や感染した歯質を専用の器具を使ってきれいに取る治療をのことを
言います。
 
  歯周外科手術
きちんとしたプラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療が行います。
麻酔をして歯肉をメスで切り、ペロッと剥がして歯の根っこや歯を支えている骨をむき出しにします。
スケーラーで奥深くの歯石や感染歯質を徹底的に除去したり、骨が溶かされてデコボコになってしまったところを
きれいに平らにしたりした後、糸で歯肉を元通りに縫います。
手術時間はケースによって様々ですが、通常、1時間くらいはかかります。
麻酔をするので手術中に痛みはありませんが、術後に傷口が痛むことはあります。
 

 Copyright © 中村歯科クリニック