トップページ > 矯正歯科 > インコグニート
歯の裏側は表側と比較して形が複雑なため、一般的な表側の矯正装置と比較して、舌側(裏側)の矯正装置は複雑な形状になりがちです。
そのため患者さんの違和感もつよく、矯正治療の難易度も高くなります。


  インコグニートを使用した舌側矯正では、最終的な歯ならびにあわせて、専門のテクニシャンがコンピュータ上で、
それぞれの患者様に最も適した形状の矯正装置を設計します。
設計から一貫して自動的に装置が製作されるため、とても精度の高い矯正装置をそれぞれの患者様にあわせて
最適な設計でつくることが可能なのです。


患者さん自身が実感できる最大のメリットは、歯の裏側に接着した矯正装置
全体の厚さが薄く、従来の舌側矯正と比べて違和感が少ないことです。
また、歯の裏面を広く覆って接着するため、唇側矯正と比べ、虫歯にもなり
にくい構造になっています。






 

 Copyright © 中村歯科クリニック