トップページ > 一般歯科 > 前歯の治療
【ブリッジ】
ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、
橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。
  メリット
・見た目が良い
・違和感が少ない
・噛み砕く能力が割と高い
・保険の場合は比較的安価
デメリット
・土台となる健康な歯を削ってしまうので、土台の歯の寿命が短くなる。
・土台となる健康な歯がない場合には、ブリッジが出来ない。
・保険のブリッジの場合には、変色しない材料が使えない。
・見た目の回復が困難な場合がある。
【義歯(入れ歯)】
部分義歯
歯が抜けてしまいブリッジの適応とならない場合には、部分入れ歯による
治療になります。
 

【インプラント】
インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまったところの骨に
フィクスチャー(ネジ)を埋め込んで、そのネジを土台にしてアバットメントと
人工の歯を装着する治療法です。
 
  インプラントは審美的、機能的に優れた治療法ではありますが、誰でも簡単に出来る、絶対に良い治療結果が
得られるというような万能なものではありません。
インプラントが出来ない場合には、ブリッジか部分入れ歯による治療となります。
また、歯が1本もない場合には総入れ歯やインプラント義歯などによる治療となります。

インプラント義歯とは、アゴの骨に「インプラント」というネジのようなものを打ち込み、その打ち込んだインプラント
を土台にして入れ歯を装着するという治療法です。
現在考えられる治療法の中では最も入れ歯をしっかりと固定することができ、咀嚼能率 (ものを噛む能力) の回復
が最も良く、義歯ががたつくことにより発生する痛みなども大きく軽減させることができるなど、多くのメリットがあり
ます。
ただし、手術が必要になるということと、治療後のメインテナンスをしっかりと行える人でないと向かないということ、治療費が高いということなどのデメリットもあります。



 Copyright © 中村歯科クリニック